大矢製作所 おろし金6番片面しょうが用


<工房紹介>
大矢製作所は、1928年戦前の東京、浅草で銅壺店『銅寅』を一代目が開業。1949年には大矢製作所として、東京下板橋に移転します。その後、住宅地が徐々に増えてくる中、銅での制作は音が響いてしまうのでまわりに配慮し、当初準工業地帯の町工場であった埼玉県和光市に移転しました。古くから受け継がれてきた技術を守り、銅のおろし金を作り続けています。

<商品紹介>
ショウガを一層美味しくおろすために、当社製の通常薬味用より刃を少し大きく立てている点が特長のおろし金です。 ショウガおろしは、薬味用の細かい刃のおろし金でも美味しくおろせますが、繊維が強くスジが多いため、おろしているうちに目詰まりしがちです。こちらの商品は、切れ味の良い刃を程よく大きめに作ってありますので、繊維をしっかり"切りおろす"ことが出来ます。ショウガは鋭い刃で繊維を細かく切りおろす方が、きめ細かく舌触り良く仕上がります。

【サイズ】全長19.0×幅11.0cm
【重さ】244g
【材質】純銅・スズメッキ

カテゴリーから探す

シーンから探す

産地で探す

工房から探す