大矢製作所 おろし金4番両面


<工房紹介>
大矢製作所は、1928年戦前の東京、浅草で銅壺店『銅寅』を一代目が開業。1949年には大矢製作所として、東京下板橋に移転します。その後、住宅地が徐々に増えてくる中、銅での制作は音が響いてしまうのでまわりに配慮し、当初準工業地帯の町工場であった埼玉県和光市に移転しました。古くから受け継がれてきた技術を守り、銅のおろし金を作り続けています。

<商品紹介>
一般家庭で一番使いやすい大きさです。 表は、大根やリンゴ。裏の細かい目は薬味用に。 にんにく、わさび、ゆずやお菓子作り用にレモンなど切り下すこともできます。 山芋は裏面で切りおろすと、する鉢で擦った時と同じくらいに。 おろす時は、バットに斜めに立てて置きながらおろすとやり易いですよ。

【サイズ】全長22.5×幅13.0cm
【重さ】320g
【材質】純銅・スズメッキ

カテゴリーから探す

シーンから探す

産地で探す

工房から探す