大矢製作所 おろし金鶴型


<工房紹介>
大矢製作所は、1928年戦前の東京、浅草で銅壺店『銅寅』を一代目が開業。1949年には大矢製作所として、東京下板橋に移転します。その後、住宅地が徐々に増えてくる中、銅での制作は音が響いてしまうのでまわりに配慮し、当初準工業地帯の町工場であった埼玉県和光市に移転しました。古くから受け継がれてきた技術を守り、銅のおろし金を作り続けています。

<商品紹介>
わさび・しょうが・ゆず・にんにく等の薬味専用のおろし金 小さく可愛らしいデザインは、食卓でその場で切り下しの風味が味わえます。 切れ味が良いのでしょうがをおろしてもヒゲだらけになりません。 なるべく繊維に沿っておろして頂くとストレス無くおろせます。 細かくおろせる分つぶつぶが気にならないので、飲みやすくなるので しょうが紅茶などにも最適です。

【サイズ】全長9.5cm × 幅8.0cm
【重さ】72g
【材質】純銅・スズメッキ

カテゴリーから探す

シーンから探す

産地で探す

工房から探す